かのえさおり絵日記

インターネットマーケットサイトを中心に作家として活動しています。引っ越しを機に日記を書くことにしました。

【映画絵日記】One Day

f:id:kanoesaori:20160509213628j:plain

One Day ★★★☆☆

監督 ロネ・シェルフィグ 原作 デイビット・ニコールズ

出演  アン・ハサウェイ / ジム・スタージェス

 

アン・ハサウェイ演じるエマと、ジム・スタージェス演じるデクスターは大学の同級生。正反対の性格の二人は大学の卒業式に出会い、意気投合、エマは自分の想いを隠しながらデクスターと親友の関係を続けます。

小説家になりたいけどなれないエマと、成功していくデクスター、お互いの別々の人生を歩み、すれ違いながらお互いの大切さを実感していく。

 

映画は大学の卒業式1988年7月15日から、始まり、2011年7月15日まで、2人が過ごした23年間の中の7月15日という1日を切り取っていくという構成で物語が進みます。

 1年ごとに成功したり、挫折したり、全く別々の人生を歩む中で、お互いの関係を模索しているような描写が素敵でした。私は特に繰り返し登場するプールのシーンが好きです。

f:id:kanoesaori:20160509213651j:plain

 一年の中で1日だけを切り取る方式というと、最近話題になっていた「6才の僕が大人になるまで」を思い出しますね。6才の僕が〜は、同じキャストを使い、1年ごとに3日間撮影し続け実際のキャストの成長とともに物語を進行させるという製作の方法がとても話題になりました(とっても面白かったです)が、ワンデイはもちろんそういった製作方法ではありません。しかし大学生時代のアンハサウェイから、大人のアンハサウェイへの成長の描き方はとても素敵でした。髪型や服装でとても素敵にその時々のキャラクターの雰囲気を作り出していました。

 

劇中でアンハサウェイが着ている服や髪型はどれも真似したくなるぐらい可愛かったですよ!シンプルで女の子らしい花柄のワンピースなどは、昔のフランス映画を想起させるような素敵さがありました。実際に映画の舞台にはフランスも含まれています。

f:id:kanoesaori:20160509205650j:plain

 全体としては特別突出して素晴らしい点があったわけではない…ですが、キャラクターのファッションや心情の描き方、演出はとても美しかったです。 

f:id:kanoesaori:20160509210103j:plain

 ちなみに・・・監督のロネ・シェルフィグはデンマーク出身の女性監督で、彼女の他の監督作品17歳の肖像は見たことがあったのですが結構テイストが違いますね!でも画面の可愛いレトロな雰囲気は確かに似ていたかもしれません。さらにちなみにですがデンマーク出身の女性監督というと私はスサンネ・ビアが大好きです!!近いうちに何かオススメの映画を紹介したいと思います。